My Bikes Vol.088-02 cervélo P3

以前ご紹介したcervélo(サーベロ)P3の仕様変更したので再アップです。

世界で最も栄誉を受けたトライアスロン/タイムトライアルバイクの進化系

カテゴリ:ROAD(TT Bike)
ブランド:cervélo(サーベロ)
フレーム:P3
コンポ:shimano ULTEGRA Di2 6870
ブレーキ:F:MAGURA RT6/R:シマノ ULTEGRA R8100
ホイール:FFWD F9R
ウェイト:Na


【フィーチャー】
Pシリーズの”3”グレードであるP3。上位モデルであるスーパーバイク=P5のエアロダイナミクスとライディングパフォーマンスを取り入れ、前世代P3よりも剛性にあふれ、高速を維持できる。一瞬であなたのベンチマークとなることだろう。
P3はよりシンプルな設計と製造方法を実現するために、P5のエアロゾーンから重要な形状設計を継承し、ミドルグレードとしては、最速かつもっとも汎用性の高いトライアスロン/タイムトライアルバイクに仕上がっている。サーヴェロが誇る広範囲なフィット・オプション、レース遠征時において容易なパッキング、使いやすい補給食などの携行品を収納できるストレージ。そしてSimply Faster、ただ速く走るためだけに優れた空力特性を提供する。


かねてよりブレーキ不調※により毎年メンテナンスを施してきましたがとあるトライアスロン会場で同じブレーキトラブルで悩んだ末片側を油圧→ワイヤーに仕様変更した方の話を聞いて今回の依頼に至りました。

※ブレーキ詳細は前回アップのMy Bike参照 → My Bikes vol.088 cervelo P3

まぁ結論から言うとMAGURA(マグラ)の油圧キャリパーブレーキはクソってことです(笑)


■ コックピット

分かりづらいですが左右のブレーキレバーが違います。


■ リアブレーキ

右(フロント)は純正油圧キャリパーMAGURA RT6ですが今回交換した左(リア)がシマノ アルテグラ R8100仕様に。

肝心なフィーリングですが流石に左右全く同じというわけには行きませんが、リアはフルアウターフレーム内装の割にかなりスムーズなブレーキ操作を実現しています。


ですが1点気になることが…
右画像のレバーの通りシフトスイッチが1つしかついていないのですがE-tubeの設定では[シフトアップ]か[シフトダウン]のどちらかのしか指定できない仕様らしい。おそらく左右で操作するよう想定されてるのだろうがダブルなんて1スイッチで出来たほうがシームレスだと思うのだが…

というわけで1スイッチで[アップ⇔ダウン]をできる設定を追加してほしいです。技術的にはそんなに難しくないと思うんだけどシマノさん頼みますよ。(一応お客様相談へは要望出しておきました)


MAGURAの油圧キャリパー[RTシリーズ]でお悩みの方はあえてワイヤー化知る選択肢もありかもしれません。作業希望の方はお気軽にご相談ください。

情報提供:長野 自転車 スポーツサイクル cervélo – CYCLE INFINITY –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)